住宅ローン借り換えの審査

銀行などの金利が変動し、住宅ローンを組んだ当時と比較して金利分を余計に支払ってしまっているというケースは少なくありません。こういったときには、住宅ローンの借り換えを検討することが推奨されています。
ただし、誰でも問題なく借り換えをすることができるというわけではありません。民間の金融機関によって提供されている住宅ローン商品を利用している場合には、公庫によるローン商品がより有利な条件で提供されているとしても、変更することはできないことになっています。
また、借り換え用の住宅ローンについても、当然審査が行われます。住宅ローンを契約するにあたっては担保を差し出さなければならないのですが、もし借り換えを検討しているタイミングでその評価が『担保割れ』の状態になっていると、審査の結果として借り換えをすることができないという場合もあります。さらに、審査に通ることができなければ、当然借り換えを実現させることはできません。借り入れる金額はある程度まとまった金額になりますから、一般的なローンと比較すると審査の基準については厳しいものになっています。
借り換えることによって有利になるといったメリットの面が強調されているところもありますが、もし審査に通らないとなると、その旨も信用情報として記録されることとなり、その後のローンの申し込みなどにあたってマイナスになってしまいます。