住宅ローン借り換えの必要書類

住宅ローンという金融商品を利用するとなると、当然ながらかなりのまとまった金額を借り入れることになります。申し込むにあたってはさまざまなことを証明するために、多くの必要書類が求められます。これは、借り換えを検討するという場合についても同様です。
借り換え用のローン商品を申し込むにあたって、まずは申込者本人であることについて、確認することのできる書類が必要です。これは運転免許証や住民基本台帳カード、パスポートなどとなります。また、収入を確認することのできる資料も必要です。これは給与証明書や源泉徴収票、課税証明書などとなります。手元になければ、勤務先や役所などから取り寄せる必要があります。さらには印鑑証明書も必要です。これは申し込んだ本人のもののほか、担保を提供している方のものも必要です。担保とするものが複数の方による共有のものであれば、共有している方それぞれの印鑑証明書が必要となります。
そのほかには登記事項証明書が全部事項について、土地と建物のそれぞれで必要となります。返済計画を示すものとして返済予定表が求められるといったこともあり、それとともに定期的な収入が得られているとわかるように、返済元となる引き落とし口座の通帳のコピーが確認されることもあります。