住宅ローン借り換えの意外な真実?

住宅ローン借り換えによって必ず返済が有利になるとは限りません。概要から注意点まで。

住宅ローン借り換えとは?

近年は金融機関のローン商品と一口にいっても、かなり目的を細分化した商品がいろいろと提供されるようになりました。そんななかにあってもかねてから利用する方の多いもののひとつとして、住宅ローンを挙げることができます。住宅ローンは一度組んでから返済が完了するまでに、30年以上がかかるということも珍しくありません。
商品を大別すると固定金利型、変動金利型というものがあるのですが、金利というものは時とともに変動を続けているものです。そのために場合によっては契約したときと比較して金利の支払条件が不利になっているという可能性もあります。そのために、住宅ローンの借り換えをしなければならないという場面があるわけです。
金融機関においても、借り換え用ということで特化した住宅ローン商品を用意するまでになっています。借り換えることによって毎月のローンの返済額が少なくなることにもなりますし、総返済額にすると100万円単位で金額が減少するというケースもあるほどですから、面倒がってそのままにしておくと大きな損につながるという可能性もあります。
住宅ローンには民間の金融機関による商品のほか、公庫によって取り扱われているものもありますが、民間金融機関から公庫のローンへ借り換えるということはできないものとなっています。

<住宅ローン借り換えのシミュレーション>を読む

スタッフ推薦のページ

住宅ローン借り換えのシミュレーション
【住宅ローン借り換えの意外な真実?】

もっと読む

e-カードローン住宅ローンのお支払いに困ったらカードローンがおすすめ。詳しい情報がこちら。
住宅ローン借り換え住宅ローンの借り換えに関する総合情報が集まっているサイト。